隠し子がいるとわかったとき

婚姻中に夫の不貞による隠し子の存在が発覚した場合、不貞を事由として法的に離婚が認められます。
離婚をする時に整理すべき事柄は、「子供の養育費(子供がいるのであれば。)」、「夫に対し慰謝料を請求するかしないか。」、「不倫相手に対して慰謝料を請求するかしないか。」の3つでしょう。
子供の養育費は、相場はありますが、夫の収入によって決められます。離婚時に養育費を受け取るのは、妻の権利ではなく、法的には子供の持つ権利です。
夫から受け取る慰謝料は相場は100万円から200万円ですが、夫の収入が高い場合や、結婚生活の長さによっては額が上がる可能性があります。
不倫相手に請求する慰謝料ですが、相手の女性も既婚だと知った上での不倫をしていたのであれば請求することはできます。相場は100万円くらいですが、もっと額が上がることはあります。
離婚をするには、いきなり裁判を起こすことは出来ないので、養育費や慰謝料に関して夫婦間の話し合いで折り合いがつかないのであれば、調停において話し合うことになります。調停でも決着がつかない場合、離婚裁判によって争うことになります。
不倫相手に慰謝料を請求するのは別件になります。相手に慰謝料請求の内容証明を送るなどが最初の一歩になります。
相手が納得しないのであれば、訴訟によって争うことになります。

コメントは受け付けていません。